\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

「100かいだてのいえ」シリーズは6冊!一番おすすめなのは…

当ページのリンクには広告が含まれています。

長男2歳半の心をがっちり握って離さない絵本「うみの100かいだてのいえ」。

  • お話が長くて難しいんじゃ?
  • 最後まで集中できないでしょ

そんな先入観は取っ払って買い与えてあげて欲しい絵本ナンバーワンです!

目次

100かいだてのいえシリーズの対象年齢は3歳から

※クリックで楽天関連ページへ遷移します

小学校で低学年を担任していた時には、このシリーズは常に取り合いになっていました。

文字の量が少なく、文字を読まなくても絵だけで楽しめる絵本なので文章が苦手なお子さん中心に読んでいた印象です。

100かいだてのいえシリーズのあらすじ・順番

「100かいだてのいえ」

※クリックで楽天関連ページへ遷移します

2008年5月に発売された「100かいだてのいえ」。

縦長の絵本を下から上に開いて読んでいく新しいスタイルの絵本です。

主人公のトチくんが100かいだての家のてっぺんに住む誰かから手紙をもらい、会いにいくというお話。

「ちか100かいだてのいえ」

※クリックで楽天関連ページへ遷移します

2009年11月に発売されたシリーズ第二弾。「ちか100かいだてのいえ」。

主人公のクウちゃんがうさぎさんのお家に落ちてしまいます。

無事ちか100かいで行われるパーティに参加できるのでしょうか?

うさぎにアリ、ダンゴムシ……土の中に住む生き物がたくさん出てきます。

「うみの100かいだてのいえ」

※クリックで楽天関連ページへ遷移します

2014年6月に発売されたシリーズ3弾「うみの100かいだてのいえ」。

人形のテンちゃんは船の上から海に落ちてしまいます。

身につけていたものを見つけながら海の底の100階を目指します。

テンちゃんは落とし物を見つけて女の子のところへ帰れるのでしょうか?

イルカ、ラッコ、ヒトデ、タコ…海の生き物がたくさん出てきますよ。

「そらの100かいだてのいえ」

※クリックで楽天関連ページへ遷移します

2017年8月に出版

「もりの100かいだてのいえ」

※クリックで楽天関連ページへ遷移します

2021年5月

最新刊予約注文できる「ぬまの100かいだてのいえ」

※クリックで楽天関連ページへ遷移します

これ買っておけば間違いなし「うみの100かいだてのいえ」

※クリックで楽天関連ページへ遷移します

「うみの100かいだてのいえ」購入時期は?

我が家が「うみの100かいだてのいえ」を購入したのは長男が2歳2ヶ月の頃でした。

対象年齢は3歳〜となっていますが、2歳すぎの購入時からお気に入りの一冊に。

我が家の長男と同じく海の生き物好きなお子さんにとっては、3歳以前から見て楽しむのにおすすめの絵本です。

文章量が多いので、赤ちゃん絵本からのステップアップにもちょうどいいと思います。

2歳半を過ぎると、自分で開いて絵を見て探して楽しむことができるようになりました!

こぶた

成長に合わせて楽しみ方が変わる絵本です^^

「うみの100かいだてのいえ」ここが推せる

うみの100かいだてのいえ」の推しポイントはなんといっても書き込み具合。

次の項でもピックアップしていますが、お話と関係ない部分でも海の生き物たちの生活が垣間見えるイラストが最高です。

長男

これはなに?これは何してるの?

と聞かれまくりますが、一緒に絵を楽しんでおしゃべりできます。

「うみの100かいだてのいえ」我が家の読み方・楽しみ方

購入した2歳2ヶ月ごろは年齢に対して文章量が多かったので、少し端折りながら読み聞かせをしました。

まだお喋りもポツポツ始まったかな?くらいの頃でしたが、

こぶた

見て〜この子タコにプシューって墨かけられちゃったんやねぇ

とか

こぶた

見てみてみんな来てくれたんやね!

とか、絵を見て気づいたことを話しかけまくっていました。

2歳4ヶ月ごろに実家帰省した時にはこの絵本を持って帰り、シュルルルルルルルのページと図鑑を見比べて

この魚さっき図鑑で見たやつじゃない?!他にもいるかも

と魚を見つけて遊びました。

2歳半ごろになると、自分で本を出してきて絵を凝視し、自分で好きなページを見て楽しんでいます。

時々

長男

見て!この子歯磨きしてるよ〜

と、一緒に読んでいた時に見つけて話したものを思い出して、教えてくれます。

「うみの100かいだてのいえ」見つけられるかな?

海の生き物に合わせて、芸が細かいのなんの!

全部わかるかな?

次男

右端の▼をタップすると回答が出てくるよ

全てのページにタツノオトシゴの赤ちゃんが隠れているよ!
  • ラッコ→7階(オレンジ)
  • イルカ→17階(黄色)
  • ヒトデ→27階(黄色に青縞)
  • タコ→35階(キャッチャー黄色)
  • ウツボ→60階(ドクターイエローに乗ってる)
  • クラゲ→66階(オレンジ色の子がオーケストラに混ざってる)
  • カニ→72階の横(カニとお揃い着てる)
  • チョウチンアンコウ→89階(クリスマスツリーの右下オレンジ)
  • ヤドカリ→94階(棚に混ざってるピンクと青の子)
ラッコ(ナマコ、離乳食、海女さん、カニの手のフォーク)
  • ナマコ→8階
  • 離乳食→3階
  • 海女さん→1階左
  • カニの手のフォーク→6階
イルカ(富士山2つ、ベルーガ、歯間ブラシしてる子、テトラポット、オサガメ)
  • 富士山2つ→14・15階
  • ベルーガ→20階
  • 歯間ブラシしてる子→17階
  • テトラポット→13階
  • オサガメ→11階の右

他の生き物の家にポストが設置してあるよ!探してみてね

ヒトデ(シュノーケリング、プラネタリウムで寝ちゃってる)
  • シュノーケリング→24階
  • プラネタリウム→30階
タコ(イカ、タコ名画、凧揚げ、泣いてる赤ちゃん、タコ足配線)
  • イカ→39階
  • タコ名画→37階(モナリザ、ムンク、マリリンモンロー、真珠の耳飾り、ビーナス)
  • 凧揚げ→36階
  • 泣いてる赤ちゃん→32階
  • タコ足配線→31階
タツノオトシゴ(盆栽、馬車、メリーゴーランド、鉄棒)
  • 盆栽→50階
  • 馬車→46階
  • メリーゴーランド→45階
  • 鉄棒→42階

タツノオトシゴは英語でシーホース!ホースと掛けた馬車・メリーゴーランドがあるのが面白い。

ウツボ(はやぶさ、ドクターイエロー、標識、タコスミで顔汚れちゃったウツボ、エビの歯医者さん、数字)
  • はやぶさ・ドクターイエロー→59・60階
  • 標識→51・52階
  • たこすみウツボ→56階
  • エビの歯医者→54階
  • 数字→53階
クラゲ(ビー玉、マンボウ、クラゲの赤ちゃん、トライアングル)

ビー玉・マンボウ→69階

クラゲ赤ちゃん→61階

トライアングル→65階

カニ(酔いどれカニ、オバケカニ、イルカの郵便配達、スーパーマンカニ)

酔いどれカニ→71階

オバケカニ→79階

イルカの郵便配達→80階の左

スーパーマンカニ→77階の右

チョウチンアンコウ(ダイオウイカ、イルカのサンタ)
  • ダイオウイカ→85階
  • イルカのサンタ→88階の左横
ヤドカリ(ソフトクリーム、トイレ、犬の家、上履き)
  • ソフトクリーム→98階
  • トイレ、犬の家、上履き→99階
最後の見開きにこんな子たちがいるよ!
  • アザラシ
  • タイ
  • ブダイ
  • カクレクマノミ
  • シイラ
  • リュウグウノツカイ
  • マンボウ
  • ネコザメ
  • カジキ
  • イッカク
  • マグロ
  • ヒラメ
  • カサゴ
  • フグ
  • カワハギ
  • タチウオ
  • シーラカンス
  • メンダコ
  • ハコフグ
  • オサガメ
  • イカ
  • マンタ
  • ハンマーヘッドシャーク
  • ジンベイザメ
  • コバンザメ

100かいだてのいえグッズは何がある?

「100かいだてのいえ」シリーズは人気の絵本のため贈り物にしても喜ばれる絵本です。

全5巻がギフトボックスに収められた「ギフトボックス100かいだてのいえ」や、ミニサイズの「ギフトボックス100かいだてのいえミニ」はプレゼントにぴったり。

スクロールできます

こぶた

まだ持ってない方には「うみの100かいだてのいえ」だけでもプレゼントしたい!そのくらい楽しい一冊!

100かいだてのいえ買うなら絶対「うみ」

予約注文できる「ぬまの100かいだてのいえ」まで全て読みました。

どの絵本も子供心をグッと掴む絵本であることは間違いありません。

でも、どれを見てもやっぱり「うみ」の作り込みには勝てないかと。

こぶた

あくまで一読者の勝手な意見です

ここまで読んでくださってありがとうございました!
質問などありましたらお気軽にInstagramでDMをお送りくださいね。
いいなと思ったらSNSで#こぶた家の日々をつけて投稿してください♪ 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

夫、長男2歳、次男1歳との4人暮らし。
長男出産を機に育児記録を書き始め、Instagramで公開スタート。
現在6800人フォロワー。
息子たちのかわいい、面白い瞬間を忘れないよう日々更新中です。
詳しいプロフィールはこちら

目次