Kindle unlimitedでスキマ時間に育児書やマンガを無料で楽しむ!

ORTでおうち英語を進めよう!購入後したことリスト

ORTでおうち英語を進めよう0歳育児日記
スポンサーリンク

ORTってなに?

ORTとは「Oxford Reading Tree(オックスフォード・リーディングツリー)」の略称です。

イギリスの約80%以上の小学校で採用されている「国語」の教科書。かわいいキャラクター達が登場するユーモアあふれる「オチ」がある短いお話が200話以上あり、すべてネイティブの子供たちが使う自然な英語でつづられています。

10段階にレベル分けされ、頻繁に使う表現が繰り返し登場するため、英語学習用としても最適。

物語はおもに主人公のキッパー少年とその家族や友達の日常生活を描いているので、まるで日本にいながらイギリスの家庭にホームステイしている気分も味わえます。

Oxford Reading Tree 公式サイトより引用
ORTのステージレベル 
  • Stage1   幼児〜小学生程度(1冊8ページ・1話完結)
  • Stage1+  幼児〜7歳程度(1冊8ページ・1話完結)
  • Stage2  幼児〜中学生程度(1冊16ページ・1話完結)
  • Stage3  幼児〜中学生程度(1冊16ページ・1話完結)
  • Stage4  幼児〜中学生程度(1冊16ページ×3話、24ページ×3話・Stage5へつながるエピソード有り)
  • Stage5〜9

 

国語の教科書と聞くとお堅いイメージでとっつきにくい内容かと思ってしまいますが、

全ての話にオチがあり、抑揚をつけて読んだり質問したりしていくことで幼児期のお子さんから楽しめます。

また、隣のおじさんや犬が塀の向こうから除いていたり、隠しアイテムのメガネが全話に隠されていたり、何度も絵を見てお話を読んで楽しめる工夫がされています!

隠しアイテムのメガネが全然見つからないんですけど、本当に全話に隠されているのかが謎です。

隈なく探したのに・・・

SNS等でも度々話題になっているので、

ORTが多読にいい!おうち英語にピッタリだ!ということは知っていたのですが、何せ冊数が多い!

公式サイトの全タイトルポスターを見る

こぶた
こぶた

シリーズもたくさん用意されているからどれを買えばいいのかわからない・・・

安くない買い物なので、フリマサイトも見てみましたが、適正価格かどうかすらわかりませんでした。

 

そんな中、こちらのおうち英語サイトさんに出会います。

お母さんが英語を話せないのに、小学1年生と年少さんから始めたおうち英語で兄弟喧嘩を英語でするレベルに育てられたお母さんが運営されているサイトです。

え!?自分が話せないのに!?子供は英語話せるようになるの!?

こちらの記事を見て、やっぱりORTを我が家のおうち英語に取り入れたい!と決心しました。

また、購入方法についても詳しく書かれていたため、サイトを見た当日に購入!

我が家の購入方法は下記にまとめています。

ORTの購入方法

ORTの購入方法は様々です。

  • 公式サイト
  • 洋書専門サイト(20%OFF)
  • Amazon
  • フリマアプリ・サイト(中古)

20%OFFの言葉に惹きつけられ、洋書専門サイトの登録まで済ませましたが、手数料などを込みにすると、さほど変わりなかった(洋書専門サイトの方が2000円くらい安い)ので、AmazonでこちらのトランクパックA(CD付き)を購入しました。

我が家は日常的に音源のかけ流しも行いたかったため、CD付きを購入しましたが、Stage4くらいまでなら、CDなしでもいけたと思います。

そんな方はこちらのサイトでCDなしトランクパックを購入するのがおすすめです。

⇒ELT Books.com

フリマアプリやフリマサイトなどでは、正規版でないものが出回っていたり、正規で購入するよりも高かったりするので、高いと思うかもしれませんが、正規版の購入が一番安心です。

我が家のおうち英語のバイブル本、「1日5分からの英語で子育て」でも、ORTは紹介されています。

さまざまな種類があるのですが、基本は「トランクパック」というシリーズで買い揃えてください。Oxford Reading Treeのロゴでもある「木」に例えると、英語力をしっかりと身につけていくために一番大切な「幹(=trunkトランク)」に当たるシリーズです。

「1日5分からの英語で子育て」より引用

ちなみにトランクパックBはステージ5〜9になっています。

た、、高い!!!!これを購入するかどうかは、トランクパックAの使用してみて決めようと思います。

ORTが届いた!トランクパックAの中身は?

ORTトランクパックAをAmazonで購入したところ2日で届きました。

入っていたものは

  • Stage1 More First Words Stories
  • Stage1+ First sentences
  • Stage2 Stories
  • Stage3 Stories
  • Stage4 Stories

それぞれが小分けにパッキングされており、薄い絵本(ペーパーバック)が6冊と教材活用の仕方の冊子、イギリス英語・アメリカ英語の音声CDがついています。

5セットなので全部で30冊の絵本です。

1冊がとても薄い絵本なので、思ったよりもコンパクトでした。

ORTトランクパックが届いたらやること

我が家は長男と一緒に開封しました。

絵本大好きな長男は、開封するところからワクワクニヤニヤが止まりませんでした

ひとまず、Stage1とStage1+を開封し、Stage1を読み聞かせすることに。

Stage1からずっと同じキャラクターが登場するこのシリーズ。Stage1は自己紹介から始まります。

文字がない、と思っていましたが、More First Words Storiesだからなのか、Stage1も文字が入っていました。

喜んで聞いてくれたのでホッとしたあと、せっかくならCDもすぐ聴けるようにしなくちゃ!ということで、全てのCDをiPadに取り込みました

CDプレイヤーを購入して流す方法も考えましたが、家でない場所でも簡単に流せるので、我が家はiPadからスピーカーで流す方法に。トランクパックAはそれぞれに入っている英文自体が短いので、あっという間に取り込みが完了しました。

ORTの活用方法・取り組み方

活用ガイドによると、

読み聞かせから始めて、CD音声の力も借りながら、親子で楽しみながら、またはお子さん一人でどんどん読み進めていく多読的楽しみ方

6冊いっぺんに何度もCDを聴いて暗唱できるまで絵本に親しむ

Oxford Reading Tree User’s Guidebook より引用

このような楽しみ方が書かれています。

また、公式サイトにはReading GuidesがStage1〜3まで用意されています。

1〜3は使われている語数や文量が少ないため、絵を見て楽しむ段階です。話しかける質問がページごとに考えられているので、何度も読み聞かせして飽きてきた頃に、Reading Guidesを読んで質問するといいでしょう。

各絵本の裏表紙にも質問例や掲載語は載っています。

 

我が家はとりあえずCDを入れ込んだので、

  • 遊ぶ時に小さい音でCDをかけ流す(私の発音練習のため)
  • 毎日の英語タイムとして、私の読み聞かせで絵本を楽しむ
  • Stage1とStage1+の12冊を本棚に入れて、いつでも手に取れるようにしておく

この方法でORTに取り組む予定です。

遊ぶ時に小さい音でCDをかけ流す

iPadに入れたことで、車で移動するときにも音源をかけられるようになりました。

CDには、音楽と効果音が一緒に入っているので、いわゆるお勉強CDというより、耳でお話を楽しむCDになっています。

遊ぶ時にかけてみましたが、「Oh,No(バッシャーンという水の音)」みたいなフレーズが流れるとケタケタ笑っています。

母が読み聞かせをする

ORTは1冊がとても短く、全ての絵本にオチがついています。

Stageが上がると続き物のストーリーになっていくのだとか。

1歳8ヶ月の息子にも、声の調子とイラストで話の流れはわかるようです。

内容がわかるのか不安でしたが、何度か読み聞かせしていると、声を出して笑い、

兄ピーマン
兄ピーマン

もういっかい!

と繰り返し読むようせがまれます。

 

寝る前や、遊びの合間に息子が持ってきたときに読み聞かせするようにしましたが、

1冊が短いので、6冊(または12冊)読んでも、そんなに時間はかかりません。

こぶた
こぶた

英語絵本の読み聞かせは、絶対ボードブックからでしょ!

と思っていましたが、こういう簡単な文章のものから始めるのもありかもしれません。

Stage1、1+については、英語に自信がないお母さんでも絶対読める内容です。

発音も気にしなくていいと思います。

トランクセットは高価でハードルが高い、という方は、この1、1+から試してみるのもありです!

いつでも手に取れるように本棚に置く

当初は、Stage1と1+のみを置くつもりでした。

ただ、思った以上にORTへの食いつきが良かったので、1〜4全ての絵本を本棚に置くことにしました。

ひとり遊びの時に、自分でORT絵本を取り出して、

兄ピーマン
兄ピーマン

わんわん!わんわん!

と言ったり、絵を静かに眺めたりして楽しんでいます。

本棚にStage1〜4までの30冊を収納するとこんな感じです。

ORTの幅

1冊がとっても薄いので、場所を全く取りません!

ORTを育児に取り入れて1ヶ月気づいたこと

ORTを購入してから1ヶ月経ちました。

どのくらい読み聞かせした?

毎日寝る前に読み聞かせるルーティンにしました。

こぶた
こぶた

そろそろ寝る時間だから、絵本選ぼう。

どれにする?

と聞いて、ORTの数冊を持って寝室に行くように。

日中、何冊か読んでいるので、読みたい本が決まってきています。

平均すると、毎日10冊は読みました。

子どもの反応は?

内容は、1か1+しかわからないでしょ、と思っていましたが、

数日で自分で絵を眺めるようになりました。

本筋とは関係のない小さいキャラクターの顔の変化を見て、大笑いする様子を見ると、

想像以上にイラストから内容を汲み取る力はついているのかもしれません。

「GO!GO!GO!」「Oh,No!」など、語感が面白いと感じる箇所は笑って聞いていますし、

それ以外のストーリーもじっと絵を見て聞いています。

どれも短いお話なので、大量に持ってきても読み切るのに時間がかからないのがいいところです。

CDって必要?いつどのくらいかけ流した?

移動中や、遊んでいる最中にかけ流しして、

読み聞かせするときの発音を音源に近づけるために使いました。

息子に聞かせるというより自分のために使っています。

ほぼ毎日、かけ流しして、シャドーイングしました。

タイトルとURLをコピーしました