二人の成長記録はここから とりあえず読む

レゴデュプロをはじめて買うならこのセット!1歳半から大活躍

レゴデュプロ初めて買うならこのセット!

この記事では、1歳半の息子に買ってよかったレゴデュプロのセットを写真と一緒にまとめています。

2歳の誕生日に買い足したものも含めて遊びまくりです!

 

1歳から使える知育おもちゃとして人気のおもちゃ「レゴデュプロ」。

悩めるママ友

初めてのブロックおもちゃとしてプレゼントしたいな・・・

検索するとたくさんの種類が出てきて迷ってしまいますよね。

我が家の長男は1歳5ヶ月ごろから、実家にあったお下がりのデュプロブロックを使って楽しそうに遊んでいたので、下の子が生まれるときのプレゼントとして、お家用のデュプロを買いました。

▼我が家が購入したレゴデュプロはこちら

Amazon、楽天ではレゴデュプロで検索しても、互換性のある別商品が検索結果に出てくることや、取り扱いのない中古商品が出てくることが多いので、上のリンクから飛ぶか、5桁の番号を入れて検索することをおすすめします。

どれも購入に後悔なく、全力でおすすめできるものたちです。

目次から飛べるので、気になる商品を見てみてくださいね!

目次

レゴデュプロはじめて買うなら何がポイント?

レゴデュプロをはじめて買うときに大事なポイントは6つ。

  • つけ外しがしやすい
  • 基本ブロックの数がある
  • 親も一緒に遊べる
  • 車パーツ・板パーツ
  • 人形がついている
  • 片付けしやすい

つけ外しがしやすい

1歳のお子さんのプレゼントに選ぶなら、まずこのつけ外しのしやすさは最大のポイントです。

パパやママがブロックをつけるところを見ていると、自分も!となるのが1歳半ごろ。

基本ブロックは最初はうまくつけられず、赤ちゃんにとっては「できない!」とストレスになってしまいます。

そこで、まずははじめてのデュプロどうぶつれっしゃについているトラやパンダのような2個の大きいブロックで練習するのがおすすめ。

1歳5ヶ月の息子も何度か教えるだけで、つけ外しができるようになりました。

基本ブロックの数がある

人形や、窓、車など特殊なパーツがたくさんあるレゴデュプロ。ごっこ遊びをする上ではこういったパーツが多く入っていた方がいい!と思いがちですが、知育の観点から見ると、写真のような基本ブロックの数が多い方が遊びの幅は広げやすいです。

その点、デュプロのコンテナスーパーデラックスを買っておけば間違いなし!

特殊ブロックだけでなく、基本ブロックもたくさん入っています。

車パーツ・板パーツ

ごっこ遊びをするときに、性別関係なく遊ぶのが車。人形を乗せてブーンと走らせる遊びをずーっと一人でしています。

また、板パーツは上下にブロックをつけることができるので、車につけて大きな車を作ったり、上にお家を作ったり、人形を乗せたりして遊べます。

デュプロのコンテナスーパーデラックスには赤い車と、小さい板パーツが入っているので、コンテナを買うだけでたくさんの遊びができますよ。

人形がついている

レゴデュプロスーパーコンテナデラックス

デュプロのコンテナスーパーデラックスに入っている男の子と女の子、犬の人形は1歳半息子の大のお気に入り。はじめて開けたときから犬の人形は「わんわん」といって可愛がっていました。

しょっちゅうドアブロックに隠して、いないいないばあをしながら大笑いしています。

人形がついていると、お鍋で作った食べ物を食べさせ遊びしたり、いないいないばあ、車に乗せたり・・・ごっこ遊びが捗ります。

低年齢の赤ちゃんと遊ぶなら、人形がついているものを始めに買い与えた方が、ブロックへの食いつきはよくなります。

徐々に年齢が上がっていくと、基本のブロックで見立て遊びができるようになるので、人形がついていなくてもいいかもしれません。

片付けしやすい

レゴデュプロおすすめ3セットが全て入っている写真

気づいたら増えていくのが子どものおもちゃ。片付けやすくないと、あっという間に子ども部屋は踏み場がなくなってしまいます。

デュプロのコンテナスーパーデラックスなら、コンテナにポイポイ入れるだけなので、簡単にお片付けができます。

本記事で紹介しているセットは基礎板含めて全てデュプロのコンテナスーパーデラックスのコンテナにしまうことができるので、片付けやすさも★5つ!

2歳間近になった息子には「ないないしようね」と声をかけると、上手にお片付けできるようになりましたよ。コンテナにまとまっていると、遊びたい場所に持って動かしたり、友達のお家に持っていって遊んだりもしやすいので、1つはコンテナがあるといいですね。

親も一緒に遊べる

子どもがおもちゃでの遊び方を覚えるには、パパママが一緒に遊んであげることが一番!

どんな優れたおもちゃも、買って渡して「ご自由にどうぞ」スタイルでは、子どもは遊びません。

親が一緒に遊んで楽しむことで、手指の使い方やごっこ遊びの仕方を学んで一人でも遊べるようになります。

そのためには、親も一緒に楽しめるおもちゃである必要がありますよね。レゴデュプロは、親も無心で遊べます。

遊び方・声の掛け方についてはこちらの記事にまとめているので「子どもとどう遊んだらいいかわからない」という方は参考にしてください。

レゴデュプロはじめて買うならこの3セット

レゴデュプロおすすめ3セットがコラボしている画像

レゴデュプロはじめて買うなら
この3セット

ここでは、1歳5ヶ月の息子に買ってよかった3セットをご紹介します。

レゴデュプロは、購入検討する時期によって、マイナーチェンジされています。また、「正規品は高い」と言うイメージがあるからか、Amazonや楽天で「レゴデュプロ」で検索すると、互換性のある他の商品や、中古の商品がヒットすることもあるので気をつけてください。

レゴデュプロ デュプロのコンテナスーパーデラックス(10914)

レゴデュプロスーパーコンテナデラックス
対象年齢1歳半〜
ピース数85
公式サイト価格¥6,280

この商品は、

  • 基本のブロック
  • 小さい基盤
  • お花
  • 赤い車(タイヤ部分取り外し可能)
  • ドアがついたパーツ
  • すべりだい、ブランコ
  • 男の子、女の子、犬

がコンテナに入っています。

そのため、片付けはコンテナにぽいぽい放り込めばいいところがとても良いです!

コンテナは容量に余裕があるので、追加購入したものも一緒に片付けられました。

昔のブロックは赤・青・緑・黄色の基本カラーがメインでしたが、こちらの商品はパステルカラーも含むカラフルな色合いです。そのため、2×2の基本ブロックを積み重ねるだけでも、可愛らしい作品が出来上がります。

すべり台、ブランコのパーツは使い方が難しいので、自分で組み立てられるようになるのはもう少し先になりそうです。

息子のお気に入りは、赤い車と犬の人形。

赤い車は土台だけなら2×4のブロックを詰めます。1歳半頃から、一人でブロックを黒い土台に10個ほど組み立てて遊んでいました。また、赤い車の後ろには、次に紹介するどうぶつ列車の列車パーツを連結することができるようになっています。

1歳5ヶ月時点では自分では繋げられませんでしたが、1歳半をすぎた頃から、繋げ方を理解して遊べるようになりました。

はじめてのデュプロ どうぶつれっしゃ(10955)

どうぶつ好きなお子さんであれば、先にこちらの「どうぶつれっしゃ」を購入してもいいかもしれません。

我が家の場合は、デュプロのコンテナスーパーデラックスと同時に購入しました。

対象年齢1歳半〜
ピース数15
公式サイト価格¥2,680

こちらの商品は

  • トラ(丸い二つのブロックをつなげる)
  • パンダ(丸い二つのブロックをつなげる)
  • キリン(体・顔・バネのような首の3つのブロックを組み合わせる)
  • ゾウ(体・頭・鼻・背中の4つのブロックをつなげる)

この4つの動物と、それぞれの色に合わせた車(列車)がついています。

「コンテナスーパーデラックス」に入っていない4つの車は、車を走らせて遊びたいお子さんにぴったりです。

息子は、初めは「くっつけてくれ」と渡してきていましたが、1歳半をすぎた頃から、自分で連結することができるようになりました。

こぶた

手指の発達に一役買ってくれているよ!

列車は+とーのようになっていて、向きをよく見て、力を入れて組み合わせなければならないので、かなり手先の器用さが必要になります。

「はじめてのデュプロ」とあるように、トラとパンダは二つのブロックを組み合わせれば完成する簡単な作りです。

ブロックを触ったことがないお子さんは、まずこの商品を購入して、組み合わせる練習をするといいですね。

1歳7ヶ月になると「デュプロのコンテナ スーパーデラックス」の小さい基礎板やブロックと組み合わせ、自分で車や列車を作って遊ぶようになりました。

デュプロのまち アフリカのどうぶつ (10971)

デュプロのまち アフリカのどうぶつ

3つ目は「アフリカのどうぶつ」。動物の中でもキリンとゾウ(あとパンダ)が大好きな息子に、ピッタリでした。

対象年齢2歳〜
ピース数10
公式サイト価格¥1,180

おすすめのポイントは、2つ。

まずはゾウとキリンの作りの細かさ。

デュプロのまちアフリカのどうぶつのゾウに犬が乗っている写真
デュプロのまちアフリカのどうぶつのゾウ

ゾウはこのように、鼻と口に「デュプロのコンテナスーパーデラックス」に入っているシャベルや旗を持たせることができます。背中には人形を座らせることも。また、前足が少し前後になっているところが可愛いです。

キリンは、ものを持たせたり背中に乗せたりすることはできませんが、絶妙に斜めを向いていて、木と一緒に基盤に配置すると奥行きが出ます。ゾウもキリンも2×3にはめ込めるようになっています。

「どうぶつれっしゃ」の列車に乗せてあげるとかわいいです。

 

2点目は木のブロックのレア感。

丸い幹のブロックと、モコモコとしたお花のような葉っぱのブロックは、他にない新しい形です。

木を作って、キリンが食べさせるごっこ遊びを楽しむことができます。一緒についてくる緑のお花は草に見立てたり、ゾウの鼻に引っ掛けて遊んだりしています。水場を作れるスケルトン青とグレーのパーツも、「デュプロのコンテナスーパーデラックス」には入っていないので、造形の幅を広げてくれます。

こぶた

我が家はこの3つのブロックを購入しました!
3つとも緑のコンテナにしまうことができるので、
思ったよりも片付けの場所は取りません。

レゴデュプロ基礎板があると遊びが広がる!

夫Mさん

基礎板ってなに?

こぶた

薄いプレートで、ブロックをつけることができるよ!

基礎板があると、子供が作る作品の幅が広がります。

上にどんどん積み上げていくときにも、一番下に基礎板があるだけで安定して作ることができます。

2歳の息子はおうちや公園などを作ってごっこ遊びをするのが楽しいみたいです。

基礎板はLEGOの正規品もいいのですが、こちらのBaseCoastのものがおすすめです。

BaseCoast 楽天市場店
¥1,680 (2022/10/24 12:00時点 | 楽天市場調べ)

なぜなら、緑のコンテナに2枚の基礎板がピッタリ入るから!

お片付けに困りません。

また、レビューを書くと裏にブロックをつけられる8ポッチx8ポッチのブロックプレートが届きます。(色は選べません)

このサイズのブロックプレートがあると、ものづくりの幅がさらに広がるのでおすすめですよ〜

こぶた

購入した方は、レビューを忘れずに!

レゴデュプロはじめて買うならこのセットまとめ

今回紹介したのはこちらの4点。

\1歳のお誕生日ならこれ!/

\はじめてのコンテナはコレ!/

\動物ブームがきたらコレ/

BaseCoast 楽天市場店
¥1,680 (2022/10/24 12:00時点 | 楽天市場調べ)
レゴデュプロ初めて買うならこのセット!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

夫、長男1歳、次男0歳との4人暮らし。現在産後1ヶ月のため里帰り中。長男出産を機に育児記録を書き始め、Instagramで公開スタート。現在3000人フォロワー。息子たちのかわいい、面白い瞬間を忘れないように、日々更新中です。
詳しいプロフィールはこちら

目次